坂元園製茶

Sakamoto organic green tea farm

玉露のみを育てる

坂元園製茶では、日本茶の王様「玉露」のみを育て、有機栽培。一番茶しか取らないこだわりの製法でお茶を生産しています。

鹿児島県志布志市。
品質重視の小さな茶園。

鹿児島県志布志市。大隅半島の山の中にある自然豊かな茶園、坂元園。
お茶生産量日本第2位の鹿児島県において、生産量を増やす茶農家が多い中、あえて茶園の面積を減らし、手入れできる範囲のみだけ栽培し品質にこだわる茶農家です。
坂元園のお茶へのこだわりは凄まじく、通常、一番茶、二番茶、三番茶、秋冬番茶と何回も茶葉を収穫するところを、お茶への負担を減らすために一番茶のみを収穫。
お茶が元気に育つよう、独自の有機発酵肥料(ぼかし)を使用し、オーガニックで栽培しています。 そんな坂元園なので、お茶が美味しいという口コミだけで海外から足を運ぶ方も多く。海外から大人気の茶農家です。

坂元園のこだわりの生産方法はこちらから

自家栽培

長年の経験と独自の栽培方法で日本茶の王様「玉露」を育てています。

自家ブレンド

お茶を育てているからわかる。農家が一番美味しいと思う、その年のお茶の品種をブレンドし、仕上げています。

Green tea makes your life beautiful.

玉露とは?

玉露とは抹茶と同じように収穫前に2〜3週間ほど日光を遮ることで強い緑色を作り

収穫される日本茶の王様と呼ばれる貴重な緑茶です。

玉露の飲み方は通常の飲み方と違い、口の中で旨味を楽しむお茶なので、

少量のぬるめのお湯で渋みや苦味を抑え、茶葉の旨味を味わうのが基本です。

当店では旨味の詰まった美味しい坂元園の玉露を、最大限楽しむために

基本の玉露のレシピを調整してご紹介しております。

坂元園の玉露の楽しみ方

①お湯を沸かし、湯のみか湯冷ましに移し、お湯を冷ましします。茶名人(40~50度)その他(50~60度)※水は軟水(硬度100以下)を使用してください。

②茶葉を6g(2人分)ティーポットに入れる。

③冷ましたお湯を120cc ほど、茶葉の入ったティーポットへ注ぐ。

④約2分ほど茶葉のエキスを抽出し湯のみにつぎ分けます。飲み終えたら、お湯の温度を10度づつあげて2煎目、3煎目と、お楽しみいただけます。

しぜんおおかショップ店長からのお知らせ

飲み終えたら茶殻にポン酢を掛けて食べたり、天ぷらの衣に混ぜても美味しいです。

お好みで温度や茶葉の量を変えて、濃さを調整してください。

一般的な玉露の抽出法、茶葉10g(3人分)、お湯80cc もとっても美味しく飲めるので、是非試してみてください!

坂元園のお茶(玉露)一覧

茶名人
(Top quality)

茶々姫
(High quality)

茶娘
(Standard)

雁がね
(Stem tea)

玉露粉末茶
(Powder)