玉露の楽しみ方

玉露を楽しむ手順(茶葉)

茶葉:8g

お湯の量:50cc

温度:40℃前後(一煎目):50度前後(二煎目):60度前後(三煎目)

使用する道具

急須(100cc程度)/湯冷まし茶碗/お湯捨て茶碗/玉露茶碗3杯分/タイマー/計量スケール/温度計

①量りで茶葉を量る。

②ポットから湯冷まし茶碗にお湯を注ぎお湯を計量する。

③お湯の温度を下げるため、お湯を急須に移し、その後玉露茶碗に移し徐々に温度を下げる。

④理想:ポット(90℃)→湯冷まし茶碗(82℃)→急須(75℃)→茶碗(67℃)→湯冷まし茶碗(60℃)となるように移しながら冷ます。

⑤急須に計量した茶葉を入れ℃まで冷ましたお湯を注ぎ、蓋をする。

⑥タイマーで2分計り浸出させる。

⑦玉露茶碗に最後の一滴まで注ぐ。

⑧二煎目は50度で1分。三煎目は60℃で1分浸出して玉露を楽しむ。

⑨入れ終わったお茶は酢醤油やポン酢につけて食べることもできます。

 

玉露のテーバッグを楽しむ手順

テーバッグ:1個(2g)

お湯の量:70cc

温度:60℃前後(一煎目):70度前後(二煎目):80度前後(三煎目)

①ポットから湯冷まし茶碗にお湯を注ぎお湯を計量する。

②お湯の温度を下げるため、お湯を急須に移し、その後玉露茶碗に移し徐々に温度を下げる。

③理想:ポット(90℃)→湯冷まし茶碗(82℃)→急須(75℃)→茶碗(67℃)→湯冷まし茶碗(60℃)となるように移しながら冷ます。

(お急ぎの場合氷を落としてお湯の温度を下げても良いです。または冷たい水にテーバッグを入れ少し抽出してからお湯を注ぐ方法もあります。)

④テーバッグを茶碗に入れ60℃まで冷ましたお湯を注ぎ、蓋をする。

⑤タイマーで約1分計り浸出させる。

⑥玉露茶碗に最後の一滴まで注ぐ。

⑦二煎目は70度で1分。三煎目は80℃で1分浸出して、玉露の味の違いを楽しむことができます。

玉露粉末茶を楽しむ

抹茶と同じ様に、玉露の粉末も飲むことができます。

抹茶と違い、旨味のしっかりとした玉露は一味違う味わいが口の中に広がります。

一人、1.5g〜2g程の玉露粉末を、茶こしでこして、抹茶茶碗に入れ、60mlのお湯(70度前後)を注ぎ茶筅でお茶を点てれば玉露の抹茶が出来上がり。

※お湯の温度が高くなりすぎると、苦味(カフェイン)や渋み(タンニン(カテキン))などが出るため、高級茶を楽しむときはお湯の温度に気をつけましょう。

水出し冷茶で楽しむ

玉露茶葉 10g〜15gを、ボトルに入れて、水500ml〜750mlを注ぎ冷蔵庫で1時間ほど冷やすだけ。飲む時に茶こしで濾すか、先にお茶パックに茶葉を入れ水の入ったボトルに入れても美味しいです。※直接入れたほうが玉露は濃く出るのでおすすめです。