農家こだわりの栽培方法

ぼかし農法  鹿児島県志布志市  坂元園製茶

鹿児島県の志布志市にある坂元園製茶では有機JASオーガニック玉露を中心に、土づくり、肥料づくりからこだわった日本茶を作っています。

コンセプトは少量・高品質栽培で、外国で日本茶ブームが盛り上がる中、坂元園製茶のお茶は「旨み茶-Umami-cha-」として、外国から美味しいお茶を求めるバイヤーが多数訪れています。

栽培方法

ぼかし(有機物を微生物の力で発酵させ、分解し植物の吸収しやすいアミノ酸や窒素分を多く含んだ肥料)と呼ばれる有機発酵肥料を使い、

化学肥料や化学農薬を一切使わずに作っています。

一般のオーガニックとの違いはただの有機栽培というだけでなく、

肥料にこだわることによりオーガニックの枠を超える旨みのあるお茶の生産を目指しております。

玉露に関しても独自の有機栽培により、緑色の強く旨みのある玉露の生産に成功しています。

近年はボカシ肥料の研究を進め、ミネラル分を多く含むミネラルボカシの開発にも成功しています。

畑の様子

茶畑は綺麗に整備され空気が澄きとおり美しい風景が広がっています。畑を見ると雑草が生えていません。

有機発酵肥料を入れることにより土の温度が65度まで上昇し、雑草種子、悪玉菌は死滅するそうです。

その後土を1~2メートル掘り(天地返し)を行いなじませます。

土をワラで覆うことにより土の微生物の活動を促し、土を柔らかく保ち雑草のない綺麗な畑を保っています。

お茶畑に通常ある防霜ファンもなく、独自で開発した自動スプリンクラーによって霜を防いでいます。

棒を差し込むと1.5メートルの深さまで棒が入っていくほど柔らかいです。

土の温度は冬でも10℃程に保たれ、ボカシ肥の微生物が活動しているのがよくわかります。

土の中は生物の宝庫です。微生物が活発に活動することでミミズなどの生命に満ち溢れています。

このミミズを求めて穴熊が穴を掘りにやってきたり、お茶畑が自然の中に溶け込んでいる様子が良くわかります。

お茶の変化を見る!

実際に他の畑の玉露と1日放置して色の変化を試験したところ、坂元園の玉露(写真左・右側)は1日置いても緑が強く透き通っているのがわかります。色が変わらないのは美味しいお茶の証なのです。

坂元園では美味しいお茶をお客様に味わっていただくために、細かな試験を通して美味しいお茶の研究を続けています。

お葉の生命力試験

実際に茶葉の試験を行うため、坂元園の茶葉(写真左側)と他農家の茶葉(写真右側)を花瓶に水と一緒に入れ2週間放置したところ左写真のようになりました。茶葉自体の持つ生命力を感じます。

左→有機栽培の茶葉 右→化学肥料栽培の茶葉

2週間後

自然の力で育つお茶の葉は小さいが密度があり艶がある!

坂元園のぼかし農法で育てられた茶葉は生命力があり重みがあり、密度があります。

短期的にすぐに大きくはなりませんが細胞密度の高い元気なお茶の葉が作られます。

左側の有機ぼかし農法で育てた茶葉の方が重みがあり艶があります。

一方右側、化学肥料農法は一見綺麗なようですが葉に重みがなく表面の細胞密度が薄いため光が通り薄い印象を受けます。

植物の細胞密度が増して旨味が増す!

細胞密度が高まるということは旨味や甘みが増し野菜本来の味が楽しめるということです。

最近では化学肥料で育てた野菜が多くなっています。見た目は良く大きいのですが、味がありません。

無理やり大きく育てることは、大きくはなりますが大きいだけで中身のないものとなってしまうのです。

トマトで実験 

有機ぼかし農法でで育てたトマトとそうでないものを水に浮かべる実験をしました。

実験の結果、ぼかし農法で育てたトマトは細胞密度が高く重みがあるため水に沈むことがわかります。

日本代表 ティーマスター 坂元 修一郎 氏

坂元園製茶代表、坂元修一郎氏が、ワールドティーフェア2017(アメリカ、ラスベガス)にて日本茶、生産者代表として講演しました。

お茶を誰よりも愛し、たくさんの人に美味しいお茶を飲んでもらいたいという想いが国境を超えて多くの人に伝わった、とても良い公演でした。

さらに日本の伝統文化、緑茶文化が日本中、世界中でもっと愛されるよう積極的に活動されています。

今世界に注目される坂元園の有機玉露グリーンティー

坂元園のお茶はオーガニックで美味しく、オーガニックで作ることの難しい玉露を作っていることからたくさんの外国の方が遠方より訪れています。

世界中で日本のお茶が認知され、更にコーヒーやワインのように美味しさを求め産地のテロワールを感じるお茶の需要が高くなっています。

坂元園製茶様のお茶

玉露 茶々姫

有機ぼかし農法で作る1番茶のみで作られた玉露。

計算され尽くして作られた玉露の味は濃厚で優しいです。

玉露特有の覆い香は上品で、栄養をたっぷり受けて育った力強さと優しさを感じさせます。

お茶作りはアート

パッケージの絵画は、画家でもある坂元修一郎氏、自らの絵があしらわれておりそれぞれのパッケージにお茶への想いが詰まっています。

坂元園製茶様の有機肥料 ミネラルぼかし

ミネラル入りぼかしの販売も行っております!

ぼかしはお茶以外に、ピーマン、いちごなど野菜や果物にも使われています!

詳しくは、下記までお問い合わせ頂くかお問い合わせフォームにてお問い合わせください。

合同会社 さかもと

899-7601

鹿児島県志布志市松山町新橋4517

TEL&FAX 0994-87-2201

坂元園の有機玉露はこちらからお求めいただけます。

一番茶のみで作る、玉露のみを取り扱っております。玉露茶葉、ティーバッグ、かりがね(茎茶)、抹茶として楽しめる玉露の粉末茶を取り揃えております。

※少量しか取り扱いがないため、売れ切れ次第品切れとなる場合がございます。